日本最大級のため池  満濃池

香川県内のため池の数は 登録されているだけで約1万4,600ほどあります。香川県は雨が少ないうえ川が短く急なので 農業用に使われる水は52%もため池にたよっています。そのため下流には数多くの農業用のため池が造られているのです。満濃池はまんのう町に位置する日本最大級の農業用ため池です。

日本最大級の貯水量

mannouike-3

満濃池は人が造ったもので水をためているダムです。大きさは日本最大級で手を広げたような形の池の貯水量はオリンピックプールの6,160杯分に相当する15,400,000裙。 周囲は約20km、水深約22m、灌漑面積3000haになります。今から1,200年前に弘法大師空海が考案し、今も使われている仕組みに水の圧力を分散させるアーチ型の堤と水位が一定以上とならないよう余分な水を下流に放流する余水吐きがあります。

ゆる

mannouike-4

かりん会館で展示している「ゆる」は明治から大正3年まで使われていたものです。「ゆる」とは池の取水栓のことで毎年6月中旬に行われる「ゆる抜き」は、満濃池の水で田植をするために水門を開ける行事です。当時は木製の「ゆる」を使い人力で 「ゆる」を抜いていました。しかし木製の「ゆる」は30年から50年で腐ってしまうため取水塔に変わりました。